2010年05月27日

新任研修、4割の介護職員「受けていない」(医療介護CBニュース)

 介護関連の施設で働く職員の4割が、新任研修を受けずに現場の業務を担当していることが、介護労働安定センターのアンケート調査で明らかになった。さらに、新任時のOJT(現場実習指導)については、4人に1人の職員が満足していないことも分かり、介護業界における人材育成体制の未熟さが改めて浮き彫りになった。

 介護労働安定センターは昨年7月、全国の介護保険サービスを実施する事業所に所属する職員の中から無作為に1000人を選び、新任研修の有無や、社内外で受けた研修の内容などについて郵送による調査を実施。有効回答が得られた289人分のアンケート結果について分析を行った。
 
 その結果、新任研修については、「受けていない」との回答が全体の40.8%に達し、「受けた」(39.8%)を上回った。研修の有無について「不明」としたのは19.4%。

 社内研修については「受けた」が60.6%、「受けていない」が24.6%、社外研修については「受けた」が50.5%、「受けていない」が26.3%となっており、新任研修の実施率の低さが際立っている。

 また、新任時のOJTについては「受けた」が63.0%だったが、「受けていない」も32.9%に上った。OJTの内容に対しては、25.7%の職員が「不満」か「やや不満」「どちらでもない」と回答していた。

■研修内容と職員のニーズに食い違いも

 新任研修の具体的な内容(10個以内で回答)では、「接遇・マナー」が最多で、次いで「介護技術(実技)」「介護保険法・制度」「個人情報保護法」などが多かった。一方、職員が新任時に受けたかった研修の内容(10個以内で回答)では、「医学の基礎知識」「介護保険法・制度」が最も多く、以下は「認知症」「介護技術(実技)」「介護における医行為」と続いており、実際に行われている新任研修の内容と現場職員のニーズに食い違いが生じていることも明らかになった。


【関連記事】
介護施設の研修の実情を調査へ-介護人材養成在り方検討会
介護職員、勤務1年以下が20%―福島県の介護関連NPO法人が調査
インターネットを利用した訪問介護管理者研修を開始
介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合
職員が働きやすい環境の整備を―介護労働安定センターがシンポ

JR西日本 試運転の新型車両から部品落下(毎日新聞)
普天間問題 小沢氏「政府の発信はどうなのかな」(産経新聞)
女子中生の上履き盗む=ネット転売の大学生逮捕―京都府警(時事通信)
デスクトップアイコンを何個くらい置いていますか?(Business Media 誠)
<公明党>低所得者向け住宅政策…空き家100万戸を活用(毎日新聞)
posted by オオトモ イワオ at 22:00| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ホテル入ったとたんに押し倒されたぞ!!
お口でビンビンにさせられて即 挿 入!!しかもナ マ 中 出 し!!

そのまま満足いくまでセク~スして、報 酬 7 万置いて帰ったしwww
ゆとり世代なのか知らんけど、最近の女の子って凄すぎるなwwww
http://toy.pizapizahiza.net/ue2i5y1/
Posted by これがジェネレーションギャップかwww at 2010年05月29日 03:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。