2010年05月12日

<水質汚濁>基準超す廃液流した疑い、会社社長逮捕 千葉(毎日新聞)

 排水基準の180倍の鉛や3倍のカドミウムを含む工場廃液を東京湾に流したとして、千葉海上保安部は11日、千葉県市川市千鳥町、廃バッテリー処理会社「市川精錬所」社長、吉田茂容疑者(63)を水質汚濁防止法違反容疑で逮捕した。保安部によると、「知りません」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、1月13日~2月17日に計26回、精錬所の排水口から東京湾につながる側溝に、排水基準を超す有害物質を含む排水を流したとしている。

 市川市によると、同社は自動車の使用済みバッテリーを解体し、鉛を精錬して販売していた。2月9日に行った排水調査で、基準を超えていたため市は改善を勧告。同社は「廃液を中和・ろ過する処理施設を修理する」と答えたという。東京湾沿岸の住民の健康被害は報告されていない。【荻野公一】

【関連ニュース】
有害化学物質:鳥取の採石場でPCB流出確認 汚染拡大の恐れ低く--県調査 /鳥取
汚水流出:下水管が破裂し、河川に--恵那 /岐阜

家賃減免詐欺で組長逮捕=市営住宅で虚偽申請-兵庫県警(時事通信)
首相動静(5月5日)(時事通信)
平城宮跡 1300人の天平行列 色鮮やかな衣装まとい(毎日新聞)
石原知事、漫画規制条例の条文修正を指示(産経新聞)
もんじゅで誤警報か=運転に影響なし-原子力機構(時事通信)
posted by オオトモ イワオ at 12:13| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。